読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実況ティーム”草野とおんなじ気持ち”

男2人(たまに3人)の動きをここに遺す

地球防衛軍2で遊ぶ?

 

ついに。

ついに、僕たち「草野とおんなじ気持ち」に草野くんが出てくれました。

まさかこんな日がくるなんて。想像だにしなかった。

 

彼はカワベさんの家にいる間、狂ったように「地球防衛軍しましょうよ、へへ」と

やたら地球防衛軍を勧めてくる、いわゆる"ヤベェ奴"なんですが、

この時もやはり彼は地球防衛軍を手に取りました。

 

はなから編集は僕らがする予定で、「まあ喋らせて、面白かったら使えばいいか」

くらいの気持ちで始めさせました。

そしたら一時間半も一人でくっちゃべりやがった。

くっちゃべりやがりまして。

 

本当に辛い時間でした。戦いと言ってもいい。

この動画はそれらを34分にぎゅっとしたものですが、使われなかった一時間も

彼はずっと、ずーっとしゃべっていました。オチのない話を。

僕らはずっと、ずーっと聞いていました。オチがあるだろうと信じて。

 

この動画には入っていませんが、サワハタは途中嘔吐し、

カワベさんに至っては失禁した場面も多々ありました。

あまりに現場は凄惨な様相を呈していましたが、彼は意に介すこともなく。

 

想像してください。

あたり一面、何もない荒野が広がっています。

どこを目指すべきかもわからない中、あなたは歩き出します。

歩けど歩けど荒野は終わらない。

そのうち日が暮れて、お腹がすいてきます。足も棒のようです。

真っ暗で何も見えない荒野を、歩き続けます。

太陽が登ったら、きっとここから抜け出していると信じて。

しかし朝が来ても、目の前に広がる景色は歩き出した時と全く同じ荒野。

 

という感覚を、一時間半で15回くらい味わいました。

たちが悪いことに、彼はいちいち話に含みをもたせて伏線を張って、

それを忘れてグチャグチャするんです。

僕たちは「なにか繋がるんじゃないか」と期待して聞いているのに。

もう頭がわれそうです。

この動画には入っていませんが、後半サワハタは発狂し、

カワベさんに至っては死んで生きてを繰り返す輪廻の渦に巻き込まれてしまいました。

 

狂言奇語とは、巧みに表面だけを飾った言葉の事をいうのだそうです。

総じてそのような文章を卑下する際に使われる言葉ですが、そこまで包括して、

彼の言葉は文学の領域にあったんじゃないかなと、今にして思います。

 

ほんと、なんか、ありがとうございました・・・。

 

 

テラリアで遊ぶ

 

 

サワハタ一人で実況するシリーズです。

草野とおんなじ気持ちはサワハタとカワべ(時々草野)でやっていて、

動画の録画・編集・エンコード・投稿は全てカワベさんの家で行います。

 

しかしある時、カワベさんの家のインターネット回線が変わるだか工事だかして、

一ヶ月ほど使えなくなるという事態が起こりました。

 

僕らがいくらワイワイ実況を撮っても、僕がいくら徹夜で編集しても、

ネットがないから世に出すことができないのです。

ネット社会、っすね〜。

 

さすがに一ヶ月も投稿が途切れると、モチベーションが消沈するなと。

思いました。僕は。サワハタは。

だから、その間の場つなぎとして、一人で実況を撮ろうと思い至ったわけです。

 

 

現在はpart9まで出しています。

こんなに長く続ける予定はなかったのですが、最近カワベさん家にいく用事がなくて

なかなか実況撮れないので。

今は週一目標でアップしてますが、二人実況のストックができたら頻度が落ちると思います。

テラリアってくそほど時間取られるので、動画作るのに1日かかるんです。

 

ゲームやって食っていけるようになるまではこればっかできないんです。

本当は一日ゲームやって毎日動画作って生きたいのですが。

 

コンフリクト・デルタ -湾岸戦争-1991- で遊ぶ

 

サワハタです。

満を持して始まったシリーズ実況。

僕が近所のGEOで漁ってきたPS2の中古ソフトです。

 

僕たちは、単発実況をボンボンあげていくスタイルでやっていくつもりでした。

コンフリクト・デルタもそのつもりで、「500円で買ったゲームだし2時間遊べればいいや」と、正に現代の消費社会を象徴するようなポーズで臨んでいたのです。

 

カワベさんが夕飯の肉を焼いているあいだ暇だった僕はフライングで、

チュートリアルだけプレイしてみました。操作確認程度に。

そこで、このゲームのボリュームを悟りました。

しっかり作られすぎている。

なんだかんだチュートリアルだけで1時間くらい遊んでしまいました。

 

このゲーム、実はネットではコア層にウケている名作ゲームだったのです。

(続編も作られている。そちらも高評価)

2人プレイも可能だったので、1Pカワベ、2Pサワハタで進めることにしました。

 

最初のステージ、2Pがまさかの牢獄スタート。

それを1Pが救出に向かうという斬新な始まり。

救出を待つ間、2Pは為す術もなく、牢獄待機を強いられます。

(暇だったのでひたすら東洋医学の話をしてました)

 

道中の敵軍も生半可ではなく、イージーのくせして結構やる奴らなんです。

あと妙な作りこみで、キャンプの横でヤギを飼っていたり。

その時の様子はPart2で観れます。

 

 

 

そんな紆余曲折の甲斐もあって、救出されたときは本当に嬉しかった。

 

しかしそれで終わりではありません。

そこから味方ヘリのある場所まで戻らなければならないのです。

しかも、途中ついでに橋もぶっ壊してきて~とおつかいまで頼まれて。

 

今後大変お世話になるプラスチック爆弾ちゃんで橋を落として、

なんとか初のミッションクリア。

ステージ1からこの満足感、僕らは次第に争いに染まっていくのでした・・・。

 

侍~SAMURAI~ で遊ぶ

 

サワハタです。

侍というゲームは、タイトルだけ知っていました。有名タイトルですからね。

ところがミーハーな僕は、「ああそういう流行ね」というところまでしか知らず、

内容やゲーム性まではまったくの無知という恥ずべき愚かな人間でした。

 

流浪人が武士として成り上がるまでをシミュレーションできる自由度の高いストーリーは、まさに実況向き。

選択肢によって物語が分岐していくので、真面目にテッペンも狙えるしふざけた人生にもできてしまう恐ろしいゲームです。

 

このゲーム、あらゆるNPCとの話し合いが大変重要となります。

どちらが正義なのか、どの派閥に加担するのか、そのキャラクターの背景を知らずには決められません。

しかし僕は人の話を聞くのがめっぽう苦手なのでした。

話すより斬るが早いと、常時抜刀状態。丸出しの侍です。

 

おかげで色んなところで揉め事を起こしてしまうため、なかなかストーリーを進められませんでした。あと普通に敵が強い。

 

面白いゲームでしたが、またやるかどうかはわかりません。

僕が家庭をもって、落ち着きを覚えたらやるかもしれません。

その日まで。。

 

 

機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダムで遊ぶ

 

僕サワハタは、恥ずかしながらガンダムを全く知りません。

初期から今に至るまで、ガンダムと名のつくアニメを一話たりとも観たことがありません。

大した理由ではないのですが、ナンバリングが積み重なりすぎると観る気が湧かなくなってしまうためです。

スター・ウォーズも同じ理由で観たことがありません。

 

そんな折、とうとう僕もガンダムに触れる機会がやってきました。

オリンピックが云々言ってるゲームにすっかりやられてしまったカワベさんは、

もうほとんど布団の上で動かなくなってしまいました。

(肩だけはやけにでっぱってた)

ただ、オリンピックで作れなかったストックをどこかで補填しないと帰れないので、

カワベさんの得意分野を餌に叩き起こして無理やり実況を撮らせました。

(オリンピックが云々言ってるゲームについてはひとつ前の記事にて)

omotederu.hatenablog.com

 

序盤中盤終盤、カワベさんの声が異様に小さいのはマイクトラブルでも編集ミスでもなく、ただただ体調が悪かったからだろうと思います。

気の毒ではありましたが、おかげで僕はガンダムに触れることができました。

ガンダムの名前も色々知りました。

ネクスト人類ではなくニュータイプと呼ぶことも知りました。

ありがとうございました。

 

シンプル2000シリーズ THE・パーティーゲームであそぶ

マリオカートエンコードをすましている間に、夜メシを食いに行きました。

何を食ったかは覚えていませんが、多分チェーン店かなんかで安い冷麦を食ったんじゃないでしょうか。

 そして僕たちは、HASHIMOTO駅近くのレンタルCDshopに向かいました。

目的は中古ゲームです。

 

ざかざかとソフトを漁りに漁って、お互いで2本のゲームを購入。

そのうちの1本がサワハタの選んだ、この「THE・パーティーゲーム」でした。

もう1本はなんかカワベが選んだオリンピックが云々言ってるやつ。

 

シンプルシリーズといえば、低クオリティ低価格の金字塔。

PS初期時代を担った猛者です。

D3パブリッシャーという会社のゲームシリーズですが、現在は「地球防衛軍シリーズ」で大ヒットを飛ばしていますね。

 

家に帰って、すぐさまプレイ。

正直なところ、シンプルシリーズでこのタイトル、あまり期待せずにプレイしました。

ところが、多種多様なミニゲームがぎっしり詰まっていたもんだからなんだかんだ白熱しました。

結局パーティーゲームはいつの時代でどこが出しても楽しいもんだなと思いました。

 

 

その後カワベの選んだオリンピックが云々言ってるゲームをやりましたが、

何種類かある競技の全てがボタン連打かタイミング押しかの二種類にわけられて、

その全てが超シビアという動画にはできない系のクソゲーでした。

カワベは気持ち悪くなってました。

 

 

 

草野とおんなじ気持ち、はじまる

いい歳こいた男2人で、ゲーム実況をはじめました。

男のひとりはサワハタと言い、もうひとりはカワベと言います。

サワハタの方からカワベに「実況やりましょう」と声をかけ、出力変換ケーブルを持って彼の家に向かいました。

カワベは最初、「こんなケーブルで撮れるわけあるかい」とのたまっていましたが、

PCに無事ゲーム画面が映ると、物言わぬ貝になりました。

 

サワハタは昔、一人でフリーゲームを撮っていたことがあり、その時の経験から、音声はアイフォンのボイスメモで録ろうと考えていました。

しかしこれ、広域マイクなので環境音がガッツリと入ってしまう欠点があるのです。

専用のがありゃ~いいんですけどね、という話をボソッとしました。

するとカワベという男、「しょうがないなぁ~」なんぞ言いながら、

ダンボールから自立マイクを出してきたのです。

この男もまた、その昔実況を撮っていた過去を持つ男だったのです。

 

 

そうして撮った「草野とおんなじ気持ち」初の実況動画。

マリオカート64の単発動画です。

 

冒頭で少し話題に出ていますが、本当はこの後「草野のおんなじ気持ち」のリーダー、

草野くんが合流する予定だったのです。

しかし当日になって彼は予定ができてしまい来れず。

「草野とおんなじ気持ち」なのに当の草野くんが不在という意味不明なスタイルが確立してしまいました。